柏崎刈羽原発の再稼働遠のく。電源構成の未来に大きな課題

東電HDが6月末に行った試算では6、7号機の一方が再稼働すれば、火力発電所の燃料代が浮き、月最大100億円程度の収支改善になる。それだけに同原発 .

情報元 - 柏崎刈羽原発の再稼働遠のく。電源構成の未来に大きな課題

柏崎刈羽原発の再稼働遠のく。電源構成の未来に大きな課題
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク