福島第1事故>溶融燃料ウラン

原子力機構の熊谷友多研究員らは溶融燃料からウランが水に溶け出すかどうかを確かめようと、実験で被覆管の素材であるジルコニウムとウランの微粒子を水に混ぜ、過酸化水素を注入。ウランと ... 熊谷研究員は「第1原発の汚染水の分析でもウランはほとんど検出されておらず、研究結果と一致している」と話した。...

情報元 - <福島第1事故>溶融燃料ウラン、被覆管成分影響し水溶性低く <b>原子力</b>機構が分析

<福島第1事故>溶融燃料ウラン、被覆管成分影響し水溶性低く <b>原子力</b>機構が分析
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク