平成の電気はこうして生まれた 新大分発電所

入社4年目の吉田明則(57)=現九州電力総合研究所長=は、上司に声をかけられた。昭和63年2月、胸を高鳴らせながら建設現場に入った。 九電は60年に着工した新大分発電所の建設要員として、各地の発電所から社員を集めた。新小倉発電所所属の吉田も志願していた。 建設現場は海沿いにあった。冷たい海風に、体 ...

情報元 - 【平成の電気はこうして生まれた 新大分<b>発電</b>所】

【平成の電気はこうして生まれた 新大分<b>発電</b>所】
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク