戦争調査会と原発事故原因の探求

戦後は世界のエネルギーが石炭から石油へと移るなか、経済発展に欠かせないエネルギー資源を確保する手段として一部の政治家が原子力発電に目をつけた。アイゼンハワーの「アトム・フォー・ピース」も核の不拡散を狙った政治的な方針であったが、日本においても原子力発電の導入は国の存立、繁栄の基本となるべき ......

情報元 - 戦争調査会と原発事故原因の探求

戦争調査会と原発事故原因の探求
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク