新エネの王国、実験花盛り ハウステンボスは

2016年春開業の2期棟では、太陽光パネルで発電した電力を使って水から水素を取りだして貯蔵する。電力が必要になったときは、ためておいた水素と酸素を結合させて電力をつくりだす。 なぜ、HTBはエコ技術の導入に注力しているのか。それはテーマパークの「泣きどころ」をカバーできる可能性がエコ技術にはあるからだ。

情報元 - 新エネの王国、実験花盛り ハウステンボスは<b>発電</b>パーク

新エネの王国、実験花盛り ハウステンボスは<b>発電</b>パーク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク