水素

FCバスは、車内に高圧水素タンクを搭載し、空気中の酸素と反応させて生まれたエネルギーで発電し、走行する。エンジンの振動がないため静かで乗り心地が良く、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しないため環境にも優しい。東京都や愛知県豊田市の路線バスで既に導入されている。 敦賀市によると、FCバスは1回の .

情報元 - <b>水素</b>燃料バス、県内初の試験運行 来月17日 /福井

<b>水素</b>燃料バス、県内初の試験運行 来月17日 /福井
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク